3人目で女の子の産み分けに成功したワーママの妊活・妊娠・子沢山主婦におすすめのブログ

3人目で念願の女の子を産み分けで妊娠に成功したワーママが妊活中や妊娠中に気をつけた事、おすすめのサプリメントや育児グッズ、三人の子育てについて書いていきます。三人子育て大変だけど幸せです。

	3人目で女の子の産み分けに成功したワーママの妊活・妊娠・子沢山主婦におすすめのブログ

経産婦は妊娠しやすい!は本当?私の1人目、2人目、3人目妊活体験談

【スポンサーリンク】

f:id:cmayumama:20170130053241p:plain

妊娠経験や出産経験のある女性の方が、妊娠しやすい

経産婦さんは産後、妊娠しやすい

という巷の噂話を聞いた事ありませんか?

 

一方、

産後は妊娠しにくい

という話を聞いた事がいる方もいるかもしれません。

 

二人目や三人目の赤ちゃんを早く欲しいなと希望しているお母さんにはどっちなの?と気になるところではないでしょうか?

 

私、これまでに3回の妊娠と出産を経験しました!

 

そこで今回は、

  • 自分の3度の妊活体験談
  • 出産後のママの体の状態
  • 出産経験のある女性の方が妊娠しやすいと言われる理由や原因
  • 産後の排卵が再開するのはいつからなのか
  • 妊娠しやすい状態になる方法や産後の仲良しを取るタイミング
  • 産後の妊娠に向けてどんな事に注意したらいいのか

についてご紹介します。

 

産後ママの体の状態はどう変化しているの?

妊娠中は女性ホルモンの「プロゲステロン」と「エストロゲン」の分泌が増えます。出産後はこのプロラクチンとエストロゲンの女性ホルモンが急激に減少し、乳中分泌を促す「プロラクチン」いうホルモンの分泌が増えます。

このプロラクチンと呼ばれるホルモンの分泌量が増えるおかげで、母乳の分泌はよくなりますが、その一方で排卵はストップします。

赤ちゃんが母乳を吸う度にプロラクチンの分泌は促されるので、授乳中は排卵が止まり生理も起きなくなります。

 

よく「授乳中は生理はこない」って話聞きませんか?

実際私も上の子2人の時は授乳中は生理は再開しませんでした。

2人とも1歳0ヶ月で卒乳しましたが、その翌月から生理がきました。

 

私の卒乳体験記はこちらの記事でまとめています⇒職場復帰でムリなく卒乳したい!私が実際にやった断乳方法

産後は妊娠しやすいと言われる理由や原因とは?

産後の女性は妊娠しやすい状態と言われる理由や原因はいくつかあります。

 

①子宮の状態が違う

出産経験のある女性の子宮と、妊娠・出産の経験のない女性の子宮の状態は違います。

産後の女性の子宮はキレイになっており、精子が着床しやすい状態になっています。

 

②生理の再開によっても妊娠のしやすさが違う

母乳で育てているお母さんは、ホルモンの影響で授乳中は生理が再開しにくい状態です。私も一人目と二人目を1歳0ヶ月まで授乳していましたが、生理は卒乳後翌月からでした。

個人差はあると思いますが、ミルクの場合は生理の再開が早いと言われています。

すぐに妊娠したいっていう場合は、母乳からミルクに変えるのも一つだと思います。

 

③ホルモンのバランスが一定しない

産後の女性の体は、ホルモンの働きも不安定です。

生理はきていなくても、排卵が起こっているかもしれません。

いつ排卵が起こっているのか、予測しにくい状況です。

 

 

二人目以降はやっぱり妊娠しやすかった!?私の3回の妊活の場合

f:id:cmayumama:20171227154909j:plain

経産婦は、初産婦さんと比べたら妊娠しやすい状況にあるのかもしれませんが、

1人目より2人目、3人目の妊娠になるにつれて、当然母体の年齢も上がってきます。

加齢による卵子の老化も確実に起こってくるので、一概に妊娠経験があるから授かりやすいとは言えないのかなとも思います。

 

ちなみに管理人の場合は、

2011年 第一子(32歳で出産)

2013年 第二子(34歳で出産)

2017年 第三子(37歳で出産予定)

 

2人目は2歳差を目指して、3人目は3歳差を目指して妊活しましたが、めでたくもその通り妊娠する事ができました。

 

30歳過ぎて結婚したので、三人子供が欲しいという割にはややスタートは遅め。

それでも1人目は結婚後すぐに授かり、結婚1年目を迎える頃には産まれていました。

 

慣れない育児に奮闘していたので、長男が1歳過ぎるまでは2人目はとてもじゃないけど考えられなくて、卒乳して肩の荷がおりたーと思えた頃からようやくそろそろ2人目が欲しいなと思える様になって、2人目の計画妊娠を始めて三ヶ月後には妊娠。

1人目の時より確実に歳を取っていた母体ですが、2人目もすぐに妊娠できたので、やっぱり経産婦って妊娠しやすいんだと思っていました。

 

35歳過ぎたら2回の妊娠経験があっても妊娠しにくい!?

           f:id:cmayumama:20171227154935j:plain

2歳差で欲しかった1人目、2人目を難なく妊娠する事が出来たので、三人目も2歳差で欲しいなと思っていました。

2人目は上の子と同じ保育園に入れなかったので育児休暇を延長して 1歳半から保育園生活がスタート、と同時に私も職場復帰!

2回目の育児休暇からの職場復帰でしたが、朝夕の保育園送迎や子供が体調を崩した時の夫婦の対応なんかは1回目の仕事復帰の時よりは要領は分かっていたつもりでしたが、2人育児・仕事・家事、それに加えて自分の体力低下に私の体はいっぱいいっぱいでした。

2回目仕事復帰した時、もう私35歳過ぎてました・・・。

子供が2人になって確かに大変にはなったけど、倍大変かと言われるとそうではないんですよね。それよりも自分の体力低下、疲れやすさが半端なかったかな(涙)

2人目仕事復帰した当初は、週末の度に私が体調を崩し寝込む事も(とほほ・・・)

そんな状況だったので三人目妊活が進まなかったんですが、年齢の事も考えて仕事復帰後の新しい生活が落ち着いた頃から妊活をスタートしました。

三人目不妊!?どうしても欲しくて諦めたくなかった3人目妊活スタート!

f:id:cmayumama:20171227154956j:plain

夫は子育てや家事にとっても協力的なので、新しい生活も3ヶ月を過ぎる頃には落ち着いてきました。

となると、3人目そろそろ??って感じになって妊活をスタートしました。

2人も産んだ経産婦だから3人目も、と妊娠を簡単に考えていました。

が、

あれ、今月も生理がきた・・・という事のくり返し。

あれ、なんで?3人目妊娠できない・・・

え、何?何?これって不妊って事!

と私の頭の中ではこんな事でいっぱいで不安。

不妊について調べてみたら2年間子作りしても出来なかった場合と定義付けされていました。妊活スタートして2年は経たないけど、上2人の時はすぐに妊娠できたのに・・・。

 

くよくよ悩んでいても前には進めないので、まずは今の生活を見直し、出来る範囲で意識的に睡眠を十分取る様にし疲れを貯めない生活にしました。

生理周期は整っていたので、基礎体温を計って排卵日を予測したいところですが、次男が起きる時間が日によってまちまちだったのとずぼらな私の性格から毎朝同じ時間に測定するのは難しいなと思い、排卵検査薬を使ってタイミングをはかる事にしました。

妊活でロート製薬の排卵検査薬「新ドゥーテストLH」を実際に使ったレビューと感想

 

それと、私の年齢も35歳を過ぎていたので、妊活サプリも飲み始めました。

一人目と二人目の時はすぐに妊娠できたので妊活サプリを飲んだ事はなかったんですが、思う様に三人目を授かる事が出来なかったので妊娠しやすい体作りのためにと思って始めました。

調べてみると妊活サプリも本当に種類がたくさんありますよね!

私は女性ホルモンのバランスを整えてくれる「ピニトール」配合のベジママを選びました!

実際にベジママを飲んだ感想レビュー記事はまた別記事でご紹介しますね!

3児のママおすすめ!妊活サプリ『ベジママ』公式サイトはこちら>>>

 

こんな感じで新たな3人目妊活をスタートしてもすぐには結果がでなくて、落ち込んだり焦ったりする事もありましたが、1年弱で待望の妊娠♡

次男とは3歳差になりそう。

何より3人目を妊娠出来た事に嬉しくて、幸せです。

 

そもそも産後の排卵はいつから再開するの?

       f:id:cmayumama:20171227155116j:plain

母乳育児をしているママはプロラクチンがよく分泌されているので、産後6〜12ヶ月くらいで排卵する場合が多いそうです。母乳育児でないママはプロラクチンが分泌されないのでさらに産後早い時期から排卵を再開している場合が多いです。

 

産後1ヶ月検診で母体の体が正常に回復していたら、性交渉を取ってもいいと言われます。産後1ヶ月は育児が大変だったり寝不足で、正確な基礎体温を計るのが難しかったりします。

 

そのため、排卵がいつ起こっているのか分からないままに仲良しをすると、たまたまタイミングが合って生理が再開される前に妊娠してしまうケースもある様です。

 

産後のママの体は、出産後の回復や子育てに追われて疲れがたまりやすい状態です。

すぐに次を妊娠したい!というわけではないなら避妊するのもひとつです。

 

二人目以降を妊娠しやすくする方法とは?

f:id:cmayumama:20171227155311j:plain

そろそろ2人目、3人目が欲しいなって思った時に、まだ授乳をしていたら母乳を止めるのもひとつの方法だと思います。

授乳によるプロラクチンの分泌が減るので排卵や生理再開が起きやすくなります。

 

また、妊娠しやすいカラダ作りをするのもおすすめ!

三人目をなかなか妊娠しない。妊娠力は自分のちょっとした努力でも上げられるよ!」で、妊娠しやすいカラダ作りの方法をまとめています。

 

私自身、2人目はすぐに妊娠できたんですが、3人目はなかなか妊娠できなかったんです。そこで、妊娠しやすいカラダ作りって本当に大事だなと実感しました。

 

まずは自宅で出来る事から改善していってもいいですよね。

 

私はさらに、3人目の妊活で「妊活サプリ」を飲み始めました。

私が試したおすすめ妊活サプリをランキングで紹介しています!

kodakusan-mama.hatenablog.com

 

2人目以降の妊娠で注意しておくといい事とは?

注意点1:二人目(三人目)不妊だってありうる!?

一度妊娠経験があるからといって次もすんなり妊娠できる!・・・とは限りません。

最近「二人目不妊」という言葉をよく耳にしますが、現実的に増えてきているのも事実です。

⇒2人目、3人目が欲しいのに、なかなか妊娠しないときどうする?

 

確実に1人目の時と比べて母体のカラダは年を取っています。それだけ卵子も老化しているという事になります。

 

次の妊娠を考えているなら、妊活を始める前に産院でチェックしてもらうのもいいかもしれませんね。

 

注意点2:上の子がいながらの妊娠は想像以上に大変かも!?

次を何歳差で妊娠したい(妊娠しそう)かによっても違うとは思いますが、

⇒何歳差がベスト!?年子、2歳、3歳、4歳差のメリット・デメリットまとめ

 

二人目以降の妊娠は、自分が妊婦って事を忘れてしまいそうなくらい上の子の子育てで手一杯でした(私の場合)

 

一人目の時は、悪阻でしんどい時は横になってカラダを休める事ができましたが、二人目以降の妊娠の時は、よっぽどの時以外は子供の相手をしていました。

 

なかなか自分のカラダ第一とはいきませんよね。

 

上の子にお腹の赤ちゃんの事に興味を持ってもらいたかったし、

一緒に生まれてくるのを楽しみにしていてもらいたかったし、

産まれてきてから赤ちゃん返りがちょっとでもましになるように!?、

絵本をよく読み聞かせしていました。

⇒2人目、3人目を妊娠中に上の子に読んであげたい絵本厳選3冊を感想付きで紹介!

 

三番目の娘は、上の二人のお兄ちゃんから溺愛されて育っています^^

 

経産婦は妊娠しやすい!けど、母体の年齢にもよると思う

私の場合は、1人目・2人目を難なく妊娠できました。

2人目も欲しいなって思ってから直ぐに妊娠できたので、「やっぱり一度妊娠した経験があると妊娠しやすいんだ!」なんて思っていました。

ですが、3人目はそうはいきませんでした。

一番の理由は、私も主人も35歳を過ぎていたためではないかなと思っています。

三人目で初めて妊活や産み分けにも挑戦してみました。

妊娠できたからといってまだまだ安心はできないので、無事に会える日までマタニティライフを大切に過ごしていきたいです。