読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人目妊娠中ワーママの妊活中♡子沢山主婦におすすめのブログ

待望の3人目を妊娠中のアラフォーワーママが、3人目妊活中・妊娠中に気をつけた事やおすすめのサプリメントや育児グッズを紹介するブログです。

3人目妊娠中ママおすすめ本「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」実践した感想

【スポンサーリンク】

f:id:cmayumama:20170210130146j:plain

1人目を出産後、初めての育児が始って授乳と並び私を悩ませたのが、寝かしつけ&ぐっすり寝てくれない事でした。

授乳の事はこちらで書いています。

 

赤ちゃんはスヤスヤ寝てくれるものだと思っていた管理人は、夜中の3時間おきの授乳に産後1ヶ月でノックアウトされました(汗)

新生児の時期はこれが普通だと思いますが、自分の意思とは無関係に赤ちゃんに起こされ、その度に授乳(慣れていなかったから時間がめちゃくちゃかかっていました)にヘトヘトでした。

 

すがる思いで何かいい方法はないものか?

みんなどんな風にやっているのかな?

と毎日ネットで検索していました。

 

そこで巡り会ったのがこちらの、清水悦子さん著書の「0歳からのネンネトレーニング 赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」でした。

 

この時、同時に外国のネントレ本を2冊買いましたが、こちらは読んでみて真似出来ないなと思って参考にするのをやめました。

 

清水悦子さんが書かれたネントレは、日本人向けに書かれていて、育児で疲れていた私でも読みやすく、実践しやすい内容でした!

 

ネントレって「トレーニング」とつくので、赤ちゃんに何かするの?って思われるママさんもいるかもしれませんが、違いますよ〜^^

 

赤ちゃんの生活リズムを整えてあげながら、安心して寝れる環境や状況を作ってあげる様にするヒントがたくさんのっています。

 

それが結局はネントレに繋がっていくんですよって事が書かれています。

 

長男も次男もこの本を参考に生活リズムを整えながら子育てをしました。

そのおかげか、2人とも夜泣きで困ったという経験がありません。

 

実際に本の内容を実践してみての感想をご紹介したいと思います。

 

夜まとまって寝てくれない・・・お悩みのお母さんへ。まずは生活リズムを見直しました!

本を熟読して、参考になるところはどんどんやってみました。

その中でやってよかった事3つをご紹介します。

 

①寝る時間を一定にした

とにかく夜の寝かしつけにも1時間以上かかっていたので、本を参考にまずは夜の寝かしつけがスムーズになる様に実践してみました。

 

20時までには寝せようと決めて、寝るまでの行動を決めました。

俗に言う「寝る前の儀式」です。(言わないかな??)

 

我が家では、

離乳食(始っていたら)⇒ お風呂 ⇒ 寝る部屋へ移動 ⇒ 薄暗い中で授乳&就寝

という流れで過ごしました。

 

赤ちゃんや小さな子供は毎日同じ流れだと、次はあれだなと自分でも予想がつきます。

赤ちゃんでも分かるみたいで、次の行動が予想がつくと安心するので、毎日同じ流れで過ごす事はとても大事だと実感しました。

 

生後3ヶ月前後から始めましたが、2週間が過ぎた頃からスッと寝てくれる事が増えました。これだけでも育児がかなり楽になりました!!

もちろん夜中の授乳は続いていますが、大変さは格段に減りました。

 

 

初めての赤ちゃんとの生活で、まず赤ちゃんってどんな一日を送るものなの?

1日のスケジュールってどんな感じ?

と、1日どのくらいの睡眠時間が必要で、どんな生活が赤ちゃんにとっていいのか全くわかりませんでしたが、この本には参考になるスケジュールが月齢別に書かれています。

授乳やお昼寝のタイミングなど、あくまでも目安なのでこの通りにする必要はありません。

そこは赤ちゃんやご家庭の生活に合わせてあげたらいいと思います。

 

次に我が家で参考にして実践したのは、次の2つです。

 

②午前中活動的に動いた

午前中に活動的に過ごすと脳が刺激されて、夜眠くなる作用が働くそうです。

そして適度に体を動かした方がほどよく疲れて安眠に繋がりますし。

 

そこで、私は平日は毎日近所の赤ちゃん向けの室内施設や児童館に遊びに行っていました。息子も家にいるより楽しいみたいで、よく遊んでいました。グズる事も少なかったです。

私も遊びに来ているママさんとおしゃべりするのが楽しくて、いいリフレッシュが出来ました^^

 

運動量が増えると、夜はコテっと寝る様になりましたね。

昼寝は抱っこじゃないとムリでしたけど^^;

 

③お昼寝は好きなだけさせなかった

コレだけ聞くと厳しいお母さんだなと思われそうですが、ちゃんと理由があるんですよ^^

お昼寝が長過ぎたり、ずれ込むと夜の就寝に影響が出るからです。

そうすると朝起きるのが遅くなって、昼寝がずれて、夜遅くなってしまう・・・悪循環になるので、お昼寝は月齢に見合った時間させていました。

お昼寝時間の目安も本にのっています。

 

ネントレを実践してみての感想・まとめ

この本は私の子育てのバイブルになりました!

2人目も参考に生活リズムを整えましたし、3人目も参考に子育てしたいと思っています。

やる上での注意点は、本の通りに赤ちゃんをさせない事です。

本はあくまでの目安として考えて、あとはやりながらその子にあったところを見つけていけたらいいのでは?と思います。

目安としてとらえて、その通りに行かなくても悩まないでくださいね^^

 

赤ちゃんとの生活が今のままでいいのかな、夜寝てくれない、夜泣きをするといったお悩みを抱えているママさん、一度読んでみるのもいいかもしれません。

 

きっと赤ちゃんとお母さんにとってのベストな方法が見つかると思います☆