読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人目妊娠中ワーママの妊活中♡子沢山主婦におすすめのブログ

待望の3人目を妊娠中のアラフォーワーママが、3人目妊活中・妊娠中に気をつけた事やおすすめのサプリメントや育児グッズを紹介するブログです。

第三子、女の子を妊娠希望!産み分け方法5つのポイントで成功率UP!

3人目産み分け妊活体験談

f:id:cmayumama:20170204055447j:plain

上二人が男の子だから、次は絶対女の子が欲しいなって気持ち、よーくわかります!

私も主人もそうでしたから!!

 

男の子は男の子なりの可愛さがありますが、女の子を育てた事ないがない管理人にとって、可愛いフリフリのピンクの洋服を着せてみたい♡願望、いや憧れがありました^^

 

そこで我が家の様に3人目だから女の子欲しい!!

という方に、女児を妊娠しやすくするための方法を5つのポイントに絞ってご紹介します。

そもそも男女の産み分けは排卵周期や精子の性染色体の特徴、性交のタイミングと方法で理論上可能です。

赤ちゃんの男女の産み分けに関しての基本的な事はこちらのまとめ記事に書いていますので、よかったら参考にしてください^^

 

その中から女の子の産み分けにポイント絞って説明しますので、少しでも確率があがる方法を知ってもらえたらと思います。

 

 

3人目こそ女子が欲しい!!5つのポイントをおさえて確率アップ!

【ポイント1】排卵日2日前を知る!

産み分けの際に一番重要なのが、タイミングです!

 

女の子が欲しい場合は、排卵日の2日前にタイミングを持つことが基本。

女の子の性別を決定する精子のX染色体の寿命は2、3日。反対に男の子の性別を決定するY染色体はX染色体に比べて短いのが特徴です。

 

排卵が起こる前に性交すれば、排卵が起こった時に子宮内に存在するY染色体は死んでいる事が予想されるので、その数を減らす事ができ、結果的に女の子を妊娠する確率を上げる事が可能です。

 

ただ、ここで最大の難関が!!そう、それは

どうやって2日前を知るのかー!

だと思います。実際私もそうでした。

排卵日そのものを予測する事よりはるかに難しいです(汗)

 

まずは、基礎体温表をつけて自分の排卵周期を把握する事が女の子の産み分けでは重要になります。

私はこの基礎対応表をつけず、計算で次の排卵日を予測し、排卵検査薬でそこからさらに時期を絞るって自己流の方法を取りました。もし基礎体温がつけれるのなら記録をつけるに超した事はないので、頑張って継続してください。

 

さらに排卵日2日前を知る方法を3つご紹介します。

1)頸管粘液の延び具合で排卵状態を予測

排卵日近くになると、頸管粘膜からアルカリ性の水分を多く含んだ粘液が分泌されます。この分泌液の延び具合から排卵のタイミングを知る事が出来ます。

 

方法は、きれいに洗った指を膣の奥深いところまで入れ、頸管粘液を指で取ります。それを2本の指で広げてどのくらい延びるのかを観察してください。

排卵日には10センチ程度まで延びますが、排卵日2日前だと数センチしか延びないと言われています。

 

2)排卵日2日前を予測できる検査薬を使う

排卵日を予測する検査薬として、「エルチェック」という体外診断用医薬品があります。

f:id:cmayumama:20170213135359j:plain

市販の排卵検査薬は、一般的に24〜36時間前に排卵日を予測出来るものなので、女の子の産み分けツールとしては、どちらかというと不向きです。

このエルチェックは、排卵に関わる女性ホルモンの黄体形成ホルモンが上がり始める微妙な変化も感知できるので、女の子の産み分けに適した検査薬です。

ただ、体外診断医薬品に分類されているので、お医者さんから処方してもらう必要があります。

 

3)病院でタイミングを調べてもらう

色々努力しても排卵日2日前を予想するのが困難な場合や、自分達のやり方であっているのか不安な場合は、病院で調べてもらうのもひとつです。

病院では、超音波で卵胞の大きさを測定したり、血液中のホルモン濃度を測定したりするので、より正確にタイミングを知る事ができます。

 

【ポイント2】精液を調整する

女の子になる性染色体のX染色体は、男の子を決定するY染色体に比べて精液中に存在する数が少ないです。

精液が濃くなる程存在するY染色体の数とX染色体の数の差が広がり、X染色体が不利になってしまいます。

そこで、2日目の予想して排卵日を決めたら、それより前に週2回程度は性交をして精液を調整しておくといいと言われています。その時は避妊しておきましょう。

かといって、毎日はするのはかえって薄くなりすぎで妊娠自体の確率が減ってしますので、避けてくださいね。

 

【ポイント3】性交はあっさり

女性が性交中に感じやすいと、頸管粘膜からアルカリ性の粘液が分泌されるので、膣内の酸性度が低くなり、酸性に強くX染色体には不利な環境になります。

そのため、強く感じないための「あっさり」が基本です。

 

【ポイント4】ピンクゼリーで膣内の酸性度を調整する

さらに確率を上げるために、膣内の酸性度を調整する事も出来ます。

それは、「ピンクゼリー」という体に無害のゼリーを膣内に挿入する事で、膣内環境を一時的に酸性状態にしてくれるものです。

f:id:cmayumama:20170218045327p:plain

女の子の成功確率を上げるためにはぜひ取り入れて欲しいアイテムです。

【ハローベビーゼリー】正規取扱店はこちら

 

 

【ポイント5】性交後は1週間の禁欲

排卵日を予測してタイミングを持ったら、その後1週間くらいは禁欲しておきましょう。タイミングを持った日以降は、男の子を妊娠しやすい時期になるので。

 

次こそ女の子!の産み分け方法まとめ

いかがでしたか〜?

医学的根拠に基づいて産み分け方法って可能なんですよね。

まずは、規則正しい生活を心がけて規則正しい排卵が起きているのか、妊娠しやすい体が整っているのかを知る事から始めてください。土台がなにより大切です。

そのためには、基礎体温を地道につけたり、日頃から自分の体の変化を気にする様に心がける事も重要になってきます。

 

今回ご紹介した方法を理解して産み分け方法をすれば、成功率約80%というデータもあります。あくまでも確率を上げるための方法なので、100%とまではいきませんが、かなり高い確率だと思います。

 

まずは正しい知識や仕組みを知って、産み分けについてご夫婦でよく相談してから実践される事をおすすめします。

 

男の子であれ、女の子であれ、我が子は可愛いものです♡