読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人目妊娠中ワーママの妊活中♡子沢山主婦におすすめのブログ

待望の3人目を妊娠中のアラフォーワーママが、3人目妊活中・妊娠中に気をつけた事やおすすめのサプリメントや育児グッズを紹介するブログです。

三人目こそ産み分け法で男の子が欲しい!5つのポイントで成功確率UP!

3人目産み分け妊活体験談

 

f:id:cmayumama:20170214042410j:plain

 

上の子供が二人との女の子だから、次は男の子が欲しい〜!!って希望されているご夫婦もいらっしゃるでしょう。

 

我が家は逆で、上の子二人が兄弟なので、三人目は出来れば女の子が欲しいなって思っていたので、次は違う性別の子が欲しいって気持ちよーくわかります!!

 

じゃあ、3人目は男の子を頑張ってみるか!となっても、

 

そもそも男女の産み分けって出来るの?

男の子の産み分けで成功する割合ってどのくらいなの?

専門医に行かなくても自宅でチャレンジできる方法なの?

 

と気になる事がたくさんあると思います。

 

そこで順に説明すると、赤ちゃんの男女の産み分けは可能です。

男女の性別を決定するのは、男性の性染色体です。

精子の中のY染色体が卵子と結合すると男の子を妊娠し、X染色体が結合すると女の子を妊娠します。このY染色体とX染色体、性質が違います。その異なる特徴を利用して産み分けが可能となります。

 

また女性は毎月生理があり、生理と生理の間に排卵が起きますが、この排卵日周辺になると妊娠しやすい体の状態になっています。

 

妊娠の仕組みや精子の性染色体の特徴、排卵サイクルから考えられたのが、タイミング法による産み分け方法です。

産み分け方法の基本的な仕組みや考え方については、こちらの記事を参考にしてください。

 

今回は、男の子の産み分け方法について5つのポイントでご紹介します。

この方法での成功確率は約80%と言われていて、専門の病院へ行かなくても自宅で出来る方法です。

 

第三子、男子妊娠希望!!産み分けの5つのポイントは?

【ポイント1】排卵日を知る

男の子を決定するY染色体は、女の子を決定するX染色体に比べて、泳ぐスピードが速いため、Y染色体が動きやすい環境であればY染色体の方が卵子と結合する確率は高くなります。

Y染色体は酸性に弱く、X染色体は酸性に強い特徴がありますが、排卵日は頸管粘膜からアルカリ性の粘液が分泌され、膣内の酸性度が一番低くなります。

つまり、Y染色体にとってはとっても好都合な環境になります。

また、Y染色体の寿命は短いので、排卵日にタイミングを持つ事はとっても重要です。

 

そこで、排卵日を特定する事が大切になってきます。

まずは基礎体温表をつけて、自分の排卵サイクルを知る事から始めましょう。そうすると、体温を一番下がった日から急激に体温が上がる日が出てくると思います。その日が排卵日です。

基礎体温表は、頑張って3ヶ月くらいは記録し続けてみてください。

 

また、排卵日を予測する方法を2つご紹介します。

 

1)頸管粘膜から分泌される粘液(おりもの)の延び具合から知る事もできます。

方法は、手をキレイに洗って膣の奥深くまで入れます。頸管粘膜の粘液を取り出し、2本の指で引っぱり、どのくらい延びたかを観察してください。排卵日当日は、10センチ程度まで延びます。

 

2)市販の排卵検査薬を使って排卵日を予測する事もできます。

これは、排卵に関与する尿中の黄体ホルモンの濃度を測定する事で排卵日を予想するアイテムです。約1日前に排卵日を予測できます。

昨年秋に一般用医薬品へ区分されたので、ドラックストアや通販で購入出来る様になりました。

市販の排卵検査薬を比較した記事はこちらです。

よかったら参考にしてください^^

 

 

【ポイント2】精液を調整する

精液中には、男の子を決めるY染色体の方がX染色体より多く存在します。

精液の濃度に比例してY染色体の存在比率が高くなるので、それだけ男の子を妊娠する可能性が高くなります。

そのため、排卵日のタイミング時に濃い精液としたいので、それまでは禁欲でいる方がよいと言われています。目安として5日前くらいです。

 

 

【ポイント3】濃厚な性交をする

女性が性交中に感じやすいと頸管粘膜からアルカリ性の粘液が分泌されます。

通常は酸性に保たれている膣内にこの粘液が流れてくるので、酸性度が低くなります。

そうすると酸性に弱いY染色体に有利な環境になるのです。

 

 

【ポイント4】グリーンゼリーを使い膣内の酸性度を下げる

Y染色体は、アルカリ性の中で元気に動く性質があります。

いくら濃厚が性交をしても、膣内の酸性度は低くなってもアルカリ性にまではなりません。

そこで人工的に膣内をアルカリ性にするグリーンゼリーがあります。

f:id:cmayumama:20170218045327p:plain

これはイギリスで開発された商品で、人体に無害な成分で出来ているので精子に悪い影響はしません。

男の子の産み分けを希望していたら、取り入れてみる事も検討してみるといいかもしれません。

【ハローベビーゼリー】正規取扱店はこちら

 

 

【ポイント5】リンカルを服用する

ある病気の予防にリンカルを服用した女性から産まれてきた赤ちゃんがみんな男の子だったという事から、男の子の産み分けで使われるようになりました。

2ヶ月以上の服用が必要で、5日間服用しなかったら効果はリセットされます。

基礎体温を測りながらリンカルの服用も始めると、いざ子作りという時に効果が期待できるのではないでしょうか。

通販でも購入可能です。

リンカルS(日本製)を楽天市場で購入する>>>

 

 

念願の男の子を妊娠したい!のまとめ 

男の子の産み分けについて5つのポイントに絞ってご紹介しました。

重要なのは、排卵日を特定する事と性交の方法にあるようですね。

 

産み分け方法を実践する前に、まずは排卵が規則正しく起きているか、妊娠しやすい体作りが出来ているか、今の生活スタイルを見直してみましょう。

 

そして、夫婦でどうして男の子が欲しいのか、産み分けの妊娠がうまく行かない場合は「妊娠する事」もしくは「男の子の性の赤ちゃんを授かる事」どちらを優先するのか、いつまで続けるのか・・・など、よく話し合ってから始めると後々トラブルも少ないかなと思います。

 

すぐに授かるかもしれませんし、長期戦になるかもしれません。

 

今回ご紹介した男の子の産み分けのポイントは、あくまでも成功確率を上げるための方法です。この方法で約80%以上の成功率があるとのデータもありますが、100%ではありません。

 

男の子であれ、女の子であれ、我が子はみんな可愛いですよね♡