読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人目妊娠中ワーママの妊活中♡子沢山主婦におすすめのブログ

待望の3人目を妊娠中のアラフォーワーママが、3人目妊活中・妊娠中に気をつけた事やおすすめのサプリメントや育児グッズを紹介するブログです。

事前登録でいつお産が始っても安心♡陣痛タクシー情報まとめ

第三子妊娠〜出産

       f:id:cmayumama:20170215092326p:plain

お産は陣痛から始まる人、破水から始る人それぞれですが、共通しているのは「いつ始るかわからない!!」事です。

 

こればかりは赤ちゃんまかせなので、お母さんはその時を待つしかありません。

だから臨月に入って予定日が刻々と近づいてくると、ドキドキしてきますよね〜

3人目でもいつかな〜ってそわそわしていそうな管理人です。

 

私は過去2回の出産は、だいたい予定日周辺でした。

長男は予定日から3日後、次男は予定日の翌日。なので、今回も予定日前後で病院へいくんじゃないかな〜と予想しています^^

 

いつくるか分からない陣痛。

もし陣痛が始った時に家で一人だったらどうしよう・・・って不安の妊婦さんも多いのでは?

そんな時に便利なサービスがあります。

陣痛タクシー(子育てタクシー)」です!!

 

陣痛タクシーサービスを行っているタクシー会社へ事前に以下の情報を登録しておくと、いざ陣痛が始った時に電話1本で自宅まで迎えに来てくれて、病院まで送り届けてくれる、出産を応援してくれているサービスです。

 

【事前登録内容】

・妊婦さんの名前・住所・電話番号

・出産予定日

・出産予定の病院又は産院の名前と住所

全国子育てタクシー協会のインターネットサイトでは、全国で運行中の子育てタクシー情報を発信しています。

自宅近くにサービスを利用できるタクシー会社があるかどうか、妊娠中の間にチェックしてみるといいと思いますよ。

また、不安な方は登録まで済ませておくと安心かなと思います。

 

全国の子育てタクシーに無料登録で陣痛が始まっても焦らず産院へGO!

マタニティー向けの安心なタクシーサービスがある事は知っても、いざ住んでいる地域でそのサービスを利用できるのか?と疑問があると思います。

 

全国子育てタクシー協会では、全国で運行中の子育てタクシー会社情報を発信しています。

 

f:id:cmayumama:20170215101413p:plain

⇒ 全国子育てタクシー|全国エリア別タクシー検索

 

まだ全国全ての都道府県でサービスが利用できる状況ではないようですね。

 

最近は若者の車離れで自動車を所有していない家庭も多いですし、いざ陣痛が起こった時に一人では落ち着いて行動出来なかったりするので、事前登録しておくと何かと安心だと思います。

実際に登録者は年々増加傾向にあるそうなので、今後のサービスエリア拡大に期待大です。

 

また、破水からお産が始る人もいると思いますし、移動中に破水が起きたらどうするの?と心配なママさんもいるかもしれません。

安心してください。

陣痛タクシーでは、破水に備えて防水シートとタオルを用意してくれているので、安心して乗車できますよ。

 

妊娠中から子育て世代まで頼れる子育てタクシーサービス!

子育てタクシーでは、妊婦さんを対象とした陣痛タクシーサービス以外にも子育て世代向けの様々なサービスを提供してくれています。

 

①子連れの外出応援!

通院や検診、通園や買物、外出時に利用出来るサービス。

荷物が多くて一人で大変な時など、便利ですね。

 

②通園・通学・通塾など子供一人でも安心の送迎

特に働くママ向けのサービス。

急な残業で子供をお迎えに行けない、習い事の時間に間に合わない時に利用できます。

事前に打ち合わせを実施後の利用開始となり、送迎先に事前に担当ドライバーを知らせておきます。

送り届けたら、登録しておいた電話番号へ連絡が入るという流れです。

 

③子供の急な体調変化でも迅速に対応!

子供は急に体調が急変するので、救急に連れて行く事も多くなります。

多いのが夜間の発熱(高熱)。救急車を呼ぶまでではないけど、診てもらった方がいいという場合に、送迎してもらうととっても助かりますよ。

 

まとめ

我が家も次男が生まれるまでは車を所有していなかったので、次男出産の時や長男の夜間の急病の時、雨の日の保育園への送迎でよくタクシーを利用しました。

 

事前登録していたので、電話をかければ我が家の住所をいちいち言わなくていいし、忙しい時にとっても便利です。

 

私が住んでいるエリアにも陣痛タクシーサービスを提供している会社があるので、事前登録しておこうと思っています。もしものための準備をしておいたら、いざって時に慌てずに産院へ行けそうです。