3人目で女の子の産み分けに成功したワーママの妊活・妊娠・子沢山主婦におすすめのブログ

3人目で念願の女の子を産み分けで妊娠に成功したワーママが妊活中や妊娠中に気をつけた事、おすすめのサプリメントや育児グッズ、三人の子育てについて書いていきます。三人子育て大変だけど幸せです。

	3人目で女の子の産み分けに成功したワーママの妊活・妊娠・子沢山主婦におすすめのブログ

2人目以降で異性を妊娠したい時に産み分けゼリーはいつ頃使うのがいいの?

【スポンサーリンク】

f:id:cmayumama:20171108223549j:plain

2人目以降で異性の赤ちゃんを希望しているママやパパも多いのではないでしょうか?

 

出来る事なら男の子も女の子も育ててみたいってありますよね^^

私もまさしくその一人です!!

なので、その気持ちよーくわかりますヽ(´▽`)/

 

我が家は男の子が2人続いたので、3人目は出来たら娘だったらな〜なんて希望を抱いて産み分け妊活を始めました。

 

私達が実践した産み分け方法は、自宅で自分達で出来るやり方を選びました。

病院までいく程赤ちゃんの性別にこだわりはなかったので(^-^)

そして幸運にも女の子を妊娠でき、2017年の春に無事に娘が家族の仲間入りをしました☆

 

私の3人目女の子の産み分け体験談をまとめた記事です↓

kodakusan-mama.hatenablog.com

 

まずは自分達で産み分け方法について調べまくり、関連する書籍も読みました!

私がおすすめする参考になった産み分け本です!

kodakusan-mama.hatenablog.com

 

妊娠の仕組みから産み分け理論まで一通り独学ですが夫婦で勉強しました!

 

赤ちゃんの性別って受精の瞬間に決まるんですよね!

しかもお父さんの精子が性別の鍵を握っているって知っていましたか?

 

調べていくと、排卵日を特定する事が産み分け方法にはとても重要なんです。

だから妊活をスタートと同時に排卵日を知る事も一緒に始めました。

 

産み分け方法にはタイミング法、ゼリー法、服薬法ってある事を知りました。

我が家はタイミング法をメインに、後は妊娠しやすい体作りに重点をおいて妊活をしました。

 

今回は、産み分け方法で使用されているゼリー法についてご紹介したいと思います。

ゼリー法ってあまり聞き慣れない言葉ですが、要するに「産み分けゼリーを使って産み分け方法をする」という方法です。

 

男の子ならグリーンゼリー、女の子ならピンクゼリーという潤滑ゼリーが市販されていますし、産み分け指導をされている病院でも使われている施設もあります。

 

そこで今回は「産み分けゼリーは、いつ使うのが効果があるの?」について、妊娠の仕組みや産み分け理論に基づいてご紹介したいと思います。

 

少しでも皆さんの疑問が晴れる様に、少しでもお役に立てればと思っています。

 

男の子が欲しい場合の産み分け潤滑ゼリーを使用する時期は?

まずは男の子を妊娠したい場合からお話したいと思います。

 

冒頭でもお話しましたが、赤ちゃんの性別は受精の瞬間に決定しています!

 

男の子の場合は性染色体が「XY」となり、女の子の場合は「XX」となります。

女性の卵子にはX染色体しか存在しないので、男性の精子が卵子と出会う時に、Y染色体を持っていたら「男の子」を妊娠するし、X染色体を持っていたら「女の子」を妊娠します。

 

性を決定するY染色体とX染色体はそれぞれに特徴があって、その違いを利用して産み分けが可能になるわけです。

 

Y染色体の特徴

・アルカリ性に強い

・X染色体より寿命が短い

・X染色体より数が多い

・X染色体より泳ぐスピードが早い

 

X染色体の特徴

・酸性に強い

・Y染色体より寿命が長い

・Y染色体より数が少ない

・Y染色体より泳ぐスピードがゆっくり

 

精子が膣内で卵子に出会う時に、膣内のpHの状態が酸性寄りなのかアルカリ性寄りなのかで、Y染色体とX染色体のどちらに有利な状況なのかが決まるわけです。

 

産み分けゼリーは、このY染色体とX染色体のpHの強さで生存しやすさが異なる特徴を利用して産み分けをサポートする物です。

 

膣内は通常酸性の状態なので、男の子が欲しい場合には、膣内の酸性度が低くなるとY染色体に有利な環境となるわけです。

一方女の子を妊娠したい場合には、膣内の酸性度が高くなるとX染色体に有利な環境となり、女の子を妊娠する可能性が高まります。

 

じゃあ、性交の度に希望する性別の産み分けゼリーを使えばいいのね!って思う方もいるかもしれません。

ですが、膣内の環境だけを整えれば産み分けが可能になるわけではありません。

 

男の子を妊娠したい場合は、排卵日にタイミングを持ってくる事がとっても大事です。

 

だから男の子が欲しい方が産み分けゼリーを使う絶好のタイミングは排卵日当日です!!!

 

詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に読んでみてください!↓

kodakusan-mama.hatenablog.com

だから、出来るだけ正確な排卵日を知る事って大切なんですよね^^

 

また、精液中にはX染色体よりY染色体の方が多く存在するそうです。

だから精液の濃度を濃くするとそれだけY染色の存在比率が多くなり、男の子を妊娠しやすくなります。

 

そのため、タイミングを持つ日に濃い精液としたいので、それまでは禁欲でいるといいと言われています。目安としては5日くらいです。

 

女の子が欲しい場合の産み分け潤滑ゼリーを使用するタイミングは?

続いて女の子を欲しい場合の産み分けゼリーを使うタイミングについてお話します。

 

女の子を妊娠したい場合は、排卵日の2日前にタイミングを持ってくるといいと言われています。

 

だから、女の子が欲しい場合に産み分けゼリーを使うベストなタイミングは排卵日2日前となります!!!

 

女の子の産み分け方法について詳しくはこちらの記事で解説しています↓

kodakusan-mama.hatenablog.com

 

X染色体の方がY染色体よりも寿命が長いので、排卵日より前にタイミングを持ってくると、排卵された時に膣内に存在する精子の性染色体はX染色体の方が多いって事になるからです(*´﹀`*)

 

管理人イチオシの女の子用産み分けゼリーはジュンビー株式会社の「ピンクゼリー」

絶対得するジュンビーのピンクゼリーの賢い買い方! 

kodakusan-mama.hatenablog.com

 

まとめ

男の子が欲しい場合は排卵日当日に、女の子が欲しい場合は排卵日の2日前に産み分けゼリーを使ってタイミングを取るといいそうです!

 

我が家は、タイミング法と妊娠しやすい体のメンテナンスをメインに妊活を実践してきました。

なのでゼリー法は実践していません。

もちろんゼリーを使わなくてもうまくいく事だってあるんですよ^^

 

ただ、ゼリーを使うとより希望の性別の赤ちゃんを授かりやすい環境にサポートできます。

 

また、中には自己流のタイミングで産み分けゼリーを使って見事成功された方もいらっしゃると思います。

実際に産み分けを実践した私の感想ですが、産み分け方法を成功させたいなって思っているなら、ゼリーだけに頼らず、出来るだけ正確な排卵日を知る事や精子の数を調整する事、体のメンテナンス等・・・総合的に取り組んだ方がうまくいくのではないかなと思っています。

 

結構地道な道のりになりますけど、遠回りな様で一番の近道かな!?

 

産み分けゼリーは産み分け理論に基づいて作られた商品です。

産み分け方法自体が100%成功するやり方ではないので、ゼリーを併用したからといって確率が100%にはなりません><

 

ですが、少しでも確率をあげたいなとか、やれる事はやって後から後悔はしたくないなとか、自分達で出来る事は何でも取り入れたいなって思っている方には、心強い産み分けサポーターとなると思います^^

 

皆さんの幸せな家族計画を願っています。

 

〜合わせて読みたい記事〜

産み分け潤滑ゼリーをお得に安く買えるのはどこ?病院?薬局?通販?

・女の子希望の方必見!市販の産み分けゼリー通販で人気の3商品を徹底比較! 

安全性が高く安心して使える産み分けゼリーはジュンビーのピンクゼリーだと思う。他との違いをまとめてみたよ!