3人目で女の子の産み分けに成功したワーママの妊活・妊娠・子沢山主婦におすすめのブログ

3人目で念願の女の子を産み分けで妊娠に成功したワーママが妊活中や妊娠中に気をつけた事、おすすめのサプリメントや育児グッズ、三人の子育てについて書いていきます。三人子育て大変だけど幸せです。

	3人目で女の子の産み分けに成功したワーママの妊活・妊娠・子沢山主婦におすすめのブログ

産後母乳が出過ぎてツラい!胸が張って痛い時の対処方法まとめ

【スポンサーリンク】

f:id:cmayumama:20180901212738j:plain

産後におっばいがパンパンに張って辛い思いしているママは結構います。

この記事を見てくれているあなた、もしかして出産後の胸の張りがすごくて、激痛にたえなが授乳を頑張っているお母さんではないですか?

産後の母乳やおっばいトラブルで悩んでいるお母さんの気持ちとてもわかります!

私もそうだったから。

 

一人目は出産後1日目から胸がカチンコチンに張って寝返りもできなかった

母乳パッドを頻繁に変えないといけないくらいあふれ出てた

お風呂でマッサージして乳抜きしてた

 赤ちゃんの吸う力が思った以上に強くて授乳中の乳首痛がひどかった

おっばいのくわえさせかたが浅くて、乳首にヒビがはいったり、切れた

授乳前に毎回搾乳しないとうまく飲めなかった

3人目は思ったように母乳の量が足りてなくてミルクや搾乳した母乳を足した

3人目で初めて乳腺炎を経験!で39度の高熱でフラフラだった

 

産後の母乳&おっぱいのトラブルあるあるを一通り経験しました。

 

なので母乳が出過ぎて困っているママの気持ちもわかるし、でなくて苦労しているママの気持ちもわかります!

 

本当にどちらも大変です。

赤ちゃんを産んで、休む暇なく始まる育児ださでも大変なのに…

 

 そこで今回は、産後に母乳が出過ぎて困ってしまった時の対応をまとめました。

 

 

産後に母乳が多過ぎる原因は?

産後母乳がうまく出ないママにとって、「母乳が出過ぎて困る」とう悩みはうらやましい様な話ですが、本人にとっては痛くて大変な毎日なんです><

ただ赤ちゃんにとっては母乳が栄養源なので、うまくおっぱいを管理しながら授乳を続けてあげたいところです。

 

乳房には数カ所に乳腺があり、赤ちゃんが吸うとすぐに空になる所と乳汁が外に出にくくて中に溜まりやすい所があります。

 

母乳の量が多いママのおっぱいを赤ちゃんが吸うと、よく出る乳腺が空になった段階で赤ちゃんが満腹になるので、出にくい乳腺の乳汁はいつも残ってしまう事になります。

そこをほおっておいたり、悪化すると乳腺炎になってしまうのです。

 

乳腺炎にならないためのおすすめの方法!

でにくい乳腺は助産師さんのおっぱいマッサージでしぼる事はできますが、自分でセルフマッサージでしぼり出すのは結構むずかしいです。

 

そこで、乳腺炎にならないためのおすすめの方法は、授乳の前に軽く搾乳をしておく事です。

出やすい乳腺の乳汁を授乳の前に少ししぼっておくと、出やすい乳腺の乳汁だけでお腹いっぱいになるのを防ぐ事ができます。

 

赤ちゃんの吸う力は結構強いので、出にくい乳腺も空にする事ができます。

また、夜中に赤ちゃんがよく寝ておっぱいが張ってツラいというママは、入浴後にていねいに冷やすといいと言われています。

 

母乳育児は期間限定!今しか出来ないと思って前向きに思えるあなたは素敵!

離乳食が本格的になり授乳間隔が空く様になると、おっぱいの張りも落ち着いてくる事も多いです。

 

私は3人とも産後1ヶ月程で母乳の需要と供給のバランスが取れました。

出過ぎて痛い時は搾乳したり、お風呂でマッサージしたりしました。

赤ちゃんが思う様に飲んでくれなくて、母乳の量が足りていないかも!?という時も搾乳して母乳育児が軌道にのるまでは授乳間隔を開けすぎないようにしました。

 

母乳が出過ぎて大変ですが、母乳が出るのはとっても幸せな事だと思います。

赤ちゃんが卒乳するまでの期間限定と思って、前向きに頑張りたいですね!

ちなみに我が家は3人とも1歳0ヶ月で卒乳したよ!